ネット証券会社が選ばれる理由

銀行におけるゼロ金利対策により、長らく預金金利は上がる気配がないままの状態が続いています。このため、貯蓄性の高い定期預金においても普通預金の金利とほとんど変わらないものになっているため、安全性は高いが、投資としての価値はほとんどないに等しいため、投資目的の人からは敬遠されるようになっています。外貨預金についても世界的な不況から為替差益がほとんどない状況となっていますので、小銭稼ぎ程度の投資になる程度になっています。このような中、投資家だけでなく一般の人においても株式投資にはしる人が多くなっています。株式は、株式を公開している会社に対して有価証券として株券を購入する形で投資を行うもものになっています。投資した資金は、会社が経営するうえでの資産となり新規事業や企画を行い会社を発展させていくものになります。よくニュースでインサイダー取引により逮捕されたというニュースを見かけますが、会社は独自の技術開発を行っていることは関係者以外に教えてはいけないことになっていますが、内通者が投資家に漏らしてしまうことで、不正に儲けてしまうことを法律で規制しているのです。一般の人においても株式投資が普及した背景には、インターネットを利用したネット証券によることが大きいとされています。通常、株式の売買は、証券会社に出向いて取引を行うのが一般的でした。このため、会社に勤めている人は日中に証券取引所や証券会社の営業窓口に出向くことは難しくなるため、株式投資に興味があってもなかなか手を出すに至るまでに至りませんでした。しかし、ネット証券であれば証券取引所や証券会社が閉店しているときでも、24時間いつでも銘柄のチェックや株式の売買を行うことができるようになっています。また、近年ではスマートフォーンやタブレット端末が普及したことにより、移動中においても株式の取引や銘柄のチェックを行えるようになっています。さらには、株式初心者でも簡単に株式取引ができるアプリも出されています。