初心者向け株式購入の判断材料記事一覧

株式投資を始めると、最初は大抵の人は安定している銘柄を選んで1銘柄から始めることが多いようです。最初は、株式のことが分からないということもありますが、本当に儲かるのか不安であったりすることの要因が大きいのではないでしょうか。ただ、株式投資に慣れてくるのと同時に、配当金や銘柄株の値上がりなどの好条件が続くと、心理的に他の銘柄も気になってきます。確かに1銘柄の場合、安定株であれば損をすることは少ない代...
株式投資を始めると、株の値動きが非常に気になりだします。特にネット証券が普及してからは、株の値動きがあると同時に株式市場に参加することが容易となりました。このため、一般投資家においても常に企業の動向を監視していることが重要となっています。企業の動向は、専門誌などを読まなくても、実は身近なところで企業の動向を察知することができるのです。テレビの民放放送は、必ず企業がスポンサーとなって番組の間にコマー...
人間一人ひとりに性格があるように、企業にも性格が表れています。若手のベンチャー企業であれば、とにかく先行必勝を狙い常に新しいことにチャレンジする傾向にあります。逆に、老舗の伝統企業の場合は、安定志向の傾向が強く、会社としてのポリシーもしっかりと確立されています。このため、ベンチャー企業では、とにかく会社を大きく成長させようと、あらゆることを行いますが、逆に失敗することも多くなってしまいます。安定志...
株式を公開している企業は、毎年株主総会までに前年における会計報告を行う義務があり、これが世に言う決算報告になります。企業の決算報告書は、人間でいうと健康診断書と同じで企業の健康診断を計るバロメータになります。また、株式投資を始めるに辺り、企業の決算報告書を見れるようにしたいものです。決算報告書は、貸借対照表と損益計算書、キャッシュフロー計算書に分かれています。まずは、貸借対照表は、その企業なおける...
株式投資は、企業に対する将来性を見込んでお金を投資することになりますので、その企業が安定した経営をしていることが大前提となります。経営状態が悪化して赤字続きの企業には誰も投資しようとは思いません。企業が安定した経営を営んでいるか判断する材料として、経営資本になります。経営資本は、企業が持っている現金や同不動産などの総資産になります。通常は、資本金と言っていますが企業の経営規模を表すものとしても使わ...