株式投資は、企業に対する将来性を見込んでお金を投資することになりますので、その企業が安定した経営をしていることが大前提となります。経営状態が悪化して赤字続きの企業には誰も投資しようとは思いません。企業が安定した経営を営んでいるか判断する材料として、経営資本になります。経営資本は、企業が持っている現金や同不動産などの総資産になります。通常は、資本金と言っていますが企業の経営規模を表すものとしても使われます。経営資本が大きいほど、企業規模が大きく体力もあることになり、例えば災害や円安による輸出の低下があっても乗り切ることができます。経営資本が小さい企業は、自然災害で生産がストップすることになれば、たちまち倒産の危機に追い込まれてしまいます。企業は、経営が悪化し資金繰りが悪くなると本社ビルや工場、支店など閉鎖して転売して現金を得ようとします。こうした資産を現金化した時点では経営資本は変わりありませんが、次第に現金を使うことになれ経営資本は減ってしまうことになります。株式投資を行う上で、こうした経営資本が減っている企業は経営が悪化していることになりますので、株式投資は避けたい候補となります。逆に、経営資本としてはまだ小さい企業ですが、着実に経営資本を増やし続けている企業は、成長性のある企業となりますので株式投資する価値がある企業となります。大企業のように経営資本が大きく、経営資産の変化がない企業は安定していますが、株式投資をしてもそれほど大きく損をすることがない代わりに、儲けも少なくなります。