株式投資を始めると、株の値動きが非常に気になりだします。特にネット証券が普及してからは、株の値動きがあると同時に株式市場に参加することが容易となりました。このため、一般投資家においても常に企業の動向を監視していることが重要となっています。企業の動向は、専門誌などを読まなくても、実は身近なところで企業の動向を察知することができるのです。テレビの民放放送は、必ず企業がスポンサーとなって番組の間にコマーシャルを流します。この、テレビ番組のスポンサーの数とコマーシャルの回数や内容から、企業の状態やこらからの動向を探ることができるのです。まず、テレビ番組のスポンサーになるためにはそれなりの資金が必要となり、数多く登場する企業はそれだけ資金力があることになります。また、スポンサーの表示される順序に実は優劣があるのです。スポンサー紹介で、一番最初か一番最後に単独で手でくる企業は、多く資金を出していることになります。また、一番組を1企業の名でスポンサーしているのも、相当な資金がある証となります。また、コマーシャルに出る回数が多い企業は、順調に成長していることになり、逆に出る回数が少なくなっている企業は、業績が下がっていることがあります。企業は、新商品の発表をコマーシャルを使って予告することがあります。新商品が販売予定となれば多くの消費者が注目することになり、その銘柄の株価も上昇することになります。