株時投資を行って、自分が保有する株式が値上がりしても売ることなく、自分で持ち続けているのであれば、企業からの配当金のみで、その他に得られるものはありません。企業からの配当金も魅力ですが、それほど高い配当の企業は少ないのでそれほど儲かるものではありません。株式投資で儲かったとかいう話を聞きますが、ここで言う「儲かった」は配当金ではなく、保有する株式の銘柄株が買った時よりも値上がりをして、その株を売って得た差益が大きくなるほど、儲かることになります。株式を始めたばかりの人は、株式を売るタイミングが分からず、売り注文を出した時には値下がりしていることが多くあります。また、値上がりをしている最中、もっと値上がりするのではないかと期待して待っていると、売り注文が殺到し、一気に値下がりしてしまう場合もあります。実は、株式投資において、売るタイミングを見計らうのが一番難しいとされます。最初のうちは欲を出さずに、少しでも値上がりをしている状況であれば、売り注文を出してみましょう。保有している銘柄株がどのような状況になっているかは、ネット証券のチャートグラフを表示させてみると、値動きの状況が分かるようになっています。ネット証券で自分が保有する銘柄株の売り注文を出した時、買い手がつかなくては利益を得ることはできません。ネット証券で売り注文を出した後、売った銘柄株が売れたかどうか確認する必要があります。