誰でも簡単にお金を増やすことができれば、これほどありがたいものはありません。皆さんが一番知るところのお金を増やす方法とし、銀行などの定期預金に預けることになります。定期預金は、銀行や信用金庫などの金融機関の運用資金として、一定額のお金を預ける代わりに、高い金利をつけて満期日に預け入れた元金と預け入れた期間の利息を合わせて預金者に返すものになります。定期預金の金利は、普通預金の金利が0.001%に対して、0.003%から0.020%と倍以上の金利となっています。しかし、今の金利を見ても分かる通り、異常に金利が低いために多額の資金を定期預金に預け入れても数千円の利息にしかなりません。では、高利回りでお金を増やす方法として、競馬などのギャンブルがありますが、ギャンブルの場合は時の運になるため一般的な投資とは異なります。株式が投資としてあるのは、企業からの配当金ではなく株式市場における売買での差益が非常に大きいものとなっています。例えば、全く新しい企画の商品が発表されることになると、その企業は成長が見込まれることになり株式の買い注文が集まることで、この銘柄が値上がりすることになります。以前に値上がりする前にこの銘柄株を持っていた人は、寝あがった分だけ儲かることになりますので、この株を売ることで購入したときの差益が生まれることになります。株式銘柄の値上がりは、大きいときには数百円から数万円上がることも珍しくはなく、一日にして億単位で差益がでることがあります。