マネックス証券の特徴

マネックス証券は、1999年に設立した新のネット証券会社になります。ネット証券自体の歴史はまだ浅いので、マネックス証券の歴史はネット証券の歴史にもなっています。会社規模もそれほど大きくはありませんが、きめ細かなサービス体制を整えています。マネックス証券の手数料は、10万円までの取引であれば105円と最安値を誇っているだけでなく、大口投資家のように株式銘柄を多く保有する場合、取引の回数も100回は超えることも珍しくはありませんので、手数料だけをみても相当な額になってしまいます。このように1日に何十回と取引を行う投資家向けに、携帯電話のパケットし放題のように定額制をいち早く導入しています。手数料の低額サービスは、1日2625円で何回でも金額に関係なく一定額となりますので、大口投資家にはありがたいサービスとなります。マネックス証券では、株式の取引だけでなく株式市場の値動きを管理するソフトが無料で使うことができます。また、近年普及しているIPhoneやアンドロイドのスマートフォーンにも対応したアプリも無料で使うことができるのです。株式投資初心者にとって株式投資は、資金面などでも大きな不安となっています。通常、買い注文の場合、一口の取引単位が決められており一口100株単位で売買されますので、金銭的な負担も大きくなります。そこで、マネックス証券では、1000円単位や1株ずつでも株式を売買できるようになっていますので、どうしても株式投資に不安がある人は1株から始めてはどうでしょうか。