ネット証券の普及により株式投資を始める人が多くなっています。これまで、株式投資は知っていてもなかなか証券会社に足を運ぶ機会がなかったサラリーマンの個人投資家が増えています。株式投資を行うには、ネット証券でなければ証券会社の店頭窓口に行って、まずは株式市場の情報を収集しなくてはいけませんでした。証券会社窓口では、アドバイザーが在籍しているところが多くありますので、株式投資の説明を受けることができます。また、証券会社によっては、株式投資のセミナーも開催していますので参加してみるのも良いでしょう。しかし、これらのことができるのは、平日の日中に時間の余裕がある人で、一般サラリーマンでは休みを取らなければなりません。しかし、ネット証券であれはいつでも株式市場の情報を収集することができます。サラリーマンであれば、昼休み中や電車などの移動中にネット証券で市場の動向を得ることができるのです。また、買い注文や売り注文のオーダーも、スマートフォーンやタブレット端末があれば電車の中でもパソコンと同じ操作で行うことができます。証券取引には、手数料がかかります。証券会社で、売り注文や買い注文ごとに手数料がかかりますので、何回もオーダー出しているとその分、手数料がかかってしまいます。ネット証券であれは、オーダーを溜めておくことができますので、確定した時点で情報を証券会社に送ることで手数料を間引きすることができます。