ネット証券は、わざわざ会社を休んで証券会社の店頭窓口に出向くことなく、場所や時間に捉われることなく、株式投資に参加することができます。また、現金を持ち歩かなくても良いので、防犯上も安全となります。ただ、ネット証券での買い注文は、現金での売買を行わないため金銭感覚が分からなくなりやすく、自分の収入や支払い能力を超えてしまうことがあります。このため、株が暴落して損をする人よりも自己資金を使いすぎて、借金をしてまで株につぎ込んでしまう人も中にはいるようです。また、ネット証券はあくまでも自己責任でパソコンの操作を行いますので、例えば、買い注文と売り注文のボタンを押し間違えたり、オーダーする数の入力間違いなどの操作ミスが目立っています。これが、店頭窓口であれば、売り注文と買い注文を間違えることはありませんし、オーダー数にしても明らかにおかしい数であれば、証券会社の担当者が気付く場合もあります。ネット証券を始めるに当たり、最低限、パソコンやインターネット及びセキュリティの知識はある程度理解できるようにしておく必要があります。ネット証券を行うためにアプリケーションをインストールする必要な場合がありますので、どのソアとウエアが必要になるかは各個人のパソコンによって違うことがあります。そして、安全にインターネットに接続してネット証券を行うためには、アンチウィルスソフトなどセキュリティ対策ソフトが必要なことを忘れてはいけません。

ネット証券の注意事項関連ページ

ネット取引とは
証券会社の選び方
メリット
デメリット